2012年09月19日

487 Space Cruiser

487-1.1170480530.jpg
オリジナルのデザインなんてモノを何にも影響受けず産み出すなんて…
…………非常に難しいし、そのつもりも無くてもパクりとなることも……。

前回の452 Mobile Tracking Stationから半年も経過してる………。

"Classic Space"三作目は487 あるいは924 Space Cruiser。
前者はUS版、後者は欧州版。

IMG_3764.JPG
IMG_3765.JPG
………明らかに別の何かになってる……。
シューティングゲームにでも出てきそう?な形に。
元のキットが航空機のような(スペースシャトル?)形状。
後部に荷物室を抱え、大型の推進器を備えた中距離航宙艦。
宇宙空間で翼はあまり関係ない…はず。
と云って大きくデザインを外れるのも………(十分外れてる)。

IMG_3767.JPG
SWのスターデストロイヤーをコンパクトにしたような形状に。
元のキットに不足していると思ったのが全体のボリューム。
コクピットとキャビンだけが大きくて翼がペラペラに見える。
全長も1.5倍になった...あれ?

...487改06
機首は格納式の砲(レーザーでもビームでもご想像にお任せ)を備える。
全長が延びたのはこの為。
砲撃時の機首展開ギミックを仕込むのにまた、七転八倒(^^;

487改05
コクピットの透明パーツ使用は却下。
………適当なパーツが見当たらなかっただけorz
後部キャビンは開閉方法が違うが収容力は充分に。
降着脚は折り畳めた方が少しはカッコいいかなぁと。

キットにあった小さいフォークリフトはパス。
先日買った文字タイルが早速出番が来て割と満足(^^)


ラベル:Classic Space
posted by in81212 at 21:12| Comment(3) | Old & Remake | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
クラシックスペース、懐かしや!

#487はUSバージョンですので、日本では#924でこの製品は親しまれていました。自分は持ってなかったですが、遊びに行く先2軒にあり、普通に組んだり組み替えたりで凄く懐かしいセットです。

さて、アレンジモデルですが。
「キャノピー使わない」ことが宇宙船をここまでストイックにそしてリアルに見せるとは!
翼の有無はともかく、現実の宇宙船には有視界用の大型キャノピーなんて存在しませんものね。この割り切りは大胆にして素敵すぎます。

あと、スターデストロイヤーのコンパクト化と言える造形も素直にかっこいい! LL924の文字位置も渋過ぎます。

で、全体にストイックなだけに赤いラインが決まってますね。

素直にこんな製品欲しいです。
でも、キャノピーなしという地点で却下でしょうかね……?
Posted by 関山 at 2012年09月20日 02:10
カッコイイ・・・

フィグのあわせかたが難しいですね。
派手すぎてもシンプルすぎてもダメだし、逆に金魚鉢かぶってるだけとかのほうがぴたっときそうな感じです。
Posted by かう゛ぇ at 2012年09月21日 23:35
関山様
>USバージョン
本文に追記しておきます。
出来るだけ配色も外れないようにしたかったのですが
キャノピーだけはどうにもならず、すっ飛ばしました。
沢山お褒めいただき有難うございます(^^)

かう゛ぇ 様
このフィグはプロテクターが大袈裟で
この機体には合ってなかったですね(^^;
"Classic Space"はその雰囲気を壊さない
様にするのも難しいものです。
Posted by in81212 at 2012年09月22日 06:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。